久伊豆神社

2018/03/26
liage 越谷 美容室

こんにちは
liage(リアージュ)の岡田です。

昨日はお店の定休日でした!!
世の中は、ハロウィンで賑わっていましたね♪
僕はというと・・・ブログ画像久伊豆神社へ子供のお宮参りへ行ってきました☆
越谷周辺ではかなり有名な神社みたいです!!
(以前、東京で美容師をやっていた頃のお客様でもわざわざ行っていた方もいました!)
子供も騒がずおとなしくいてくれて、無事にお宮参りも終わりました(^ ^)

↓↓↓
●久伊豆神社について
御祭神
主祭神
大国主命(おおくにぬしのみこと)  言代主命(ことしろぬしのみこと)
配祀
高照姫命(たかてるひめのみこと)  溝咋姫命(みぞくいひめのみこと)  天穂日命(あめほひのみこと)

御由緒
久伊豆神社は久伊豆大明神と古来氏子・崇敬者から崇められてきた、国造りの大神・縁結びの神・福の神として知られる大国主命(おおくにぬしのみこと)(大国さま)と、その御子神で父神と共に代表的な福の神である言代主命(ことしろぬしのみこと)(恵美須さま)を主祭神とし、また配祀として大国主命の御女子神である高照姫命(たかてるひめのみこと)、言代主命の御妃である溝咋姫命(みぞくいひめのみこと)、そして皇祖天照大御神(あまてらすおおみかみ)の第二の御子であり、出雲国造いずもの(くにのみやつこ)の祖先神である天穂日命(あめほひのみこと)の三柱を奉斎しています。
ご創建の年代は不詳ですが、平安時代中期以降には武士団武蔵七党の一である私市党(騎西党)の崇敬も篤く、除災招福の神として武士や庶民の信仰を集めてきました。応仁年間には伊豆国宇佐美の領主である宇佐美三八郎重之が埼玉郡騎西の地を領するところとなり当神社に古刀を奉献し、篤く尊崇したといいます。近世に入ると、徳川将軍家も篤く崇敬し、二代将軍秀忠、三代将軍家光も鷹狩りに際して参拝、休憩したと伝えられています。
また当神社は古来、現在の越谷市の中核となった元の四丁野村、越ケ谷宿、大沢町、瓦曽根町、神明下村、谷中村、花田村の七ケ所の総鎮守とされ、当神社の神宮寺として天文四年に開基された迎摂院(越谷山神宮寺)は五石の朱印を与えられました。

最後は久伊豆神社の説明でした♪

liage  越谷 岡田